友達、親戚からかりるコツは、必ず使途と返金の期日を明確にしてお願いすることです。 友達も親戚も、返ってくるあての無いお金を平然と貸してはくれません。 貸してくれたとしても、自分の信用はガタ落ちすると思ってください。 知人からお金を借りるということは、自分の信用を落とすことですから、できれば避けておいたほうが良いです。 友達や親戚ではなくて、もっと近い身内、親や兄弟姉妹に借りたほうがいいですよ。 返済出来るあてが確実にある場合には、銀行からの借り入れなども視野に入れたほうが良いと思います。 使い道が、切羽詰まっていないようなことでしたら、自分で節約などをして少しお金に余裕ができるのを待つか、待てない事柄ですと、銀行からの借り入れでその場を凌ぎ、早めに返済をするようにしましょう。 もともと、総合口座などに定期預金を担保とした借り入れ機能が設定されている人は、そこから借りるのも一つの方法です。 ただ、口座がマイナスになっているのが当り前にならないように気をつけて利用します。 親戚や友達にお金を借りるより、割り切った借り入れができる銀行をオススメしますー